イビサクリームの成分は?

肌に優しく、敏感な方でも間違いなく使っても大丈夫だと言われている「イビサクリーム」の成分って本当に安心な物なのでしょうか?

 

「イビサクリーム」の特徴は、デリケートゾーン(VIOライン)の気になる黒ずみやブツブツを除去してくれたり、白くすべすべに肌を導いてくれるというのが有名です。

 

その肌本来のスベスベ感を手に入れるための成分が、

〇トラネキサム酸

〇グルチルリチン酸2K

と言われる2つの有効成分が代表です。トラネキサム酸は肌の黒ずみを薄くし美白しますし、グルチルリチン酸2Kは肌荒れを防止し肌の調子を整えるという役割をはたしています。

 

この2つの成分が有効に働くことで、黒くブツブツだったお肌をスベスベの肌の状態に導びくんですね!!

 

その他にも、選りすぐりの成分が沢山入っていて、潤いを保つと言われている8種類もの成分が大活躍しています。

〇ヒアルロン酸ナトリウム(高い保水力保湿力)

〇シロキクラゲ多糖体(ヒアルロン酸をしのぐ高保湿)

〇乳酸ナトリウム(抗菌作用と保湿成分)

〇ローズ水(保湿と殺菌)

〇BG(乾燥を防ぐ)

〇1,2-ペンタンジオール(優れた保湿性を持つ成分)

 

この種類を見ているだけで、寒い冬場でも使用できそうですし、黒ずみだけに使うのではなく、顔や手足の保湿の為の美容クリームとしても大活躍しているんです。

 

また、敏感な部分に使用することから、刺激フリーなのでいくらでも使用出来るんです。

 

まずは1ヶ月使ってみての使用感を是非、実感してみて下さいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA